« 第8回リアクション到着 | メイン | 第9回アクション投函 »

[TRPG:ガンダムSEED]アルテミス・ペレストロイカ?

 前回クルーゼ隊襲撃を艦隊丸ごと潰してあげて、崩壊するヘリオポリスを脱出したアークエンジェル。だが難民を抱え水食料不足に陥ったため派閥の違うユーラシア連邦所属の軍事衛星アルテミスに寄港する必要が出てきた

 敵に補足されないようサイレントランで要塞に向かうアークエンジェル。途中サラ・アズラエル(ブルーコスモス盟主ムルタ・アズラエルの妹)が独断で兄に通常通信をした※1という事件が起こったものの道中何の襲撃も無く。派閥の違いによるトラブルを警戒しつつ入港すると要塞はスパスィーバ!ハラショー!と歓迎ムードに包まれていました※2

 実は前回のクルーゼ艦隊壊滅と、アズラエルが妹を救うため連合宇宙艦隊の集結を行った事によりザフトは対応に追われ、アークエンジェルや要塞攻略を後回しにしたかららしく
 さらに詳しく調べてみると、ザフトの猛攻に要塞司令ガルシア少将は「絶対死守」の命令を残して逃げ出していて、やけっぱちモードに入っていた中に噂の最新鋭戦艦が入港。自分達は助かるかもしれないという期待もあっての事だそうで

 ……ブリッツを忍ばせたりOSをロックしたりしてまでガンダム奪取を警戒してたものの、史実と違って要塞があまりにもかわいそうだったもので、物資補給の恩て訳でもないけど防衛戦に参加するアークエンジェル。物資補給のどさくさで要塞に運び込まれていたオトナのDVDをパチって、フレイに見つかるようにサイの部屋に忍ばせたり、トール&ミリアリアに渡したり……とか、防衛戦の準備に勤しむPC達

 そして……ここには開発中のまま放棄されていたモビルスーツがあった。アークエンジェルが来なければ闇に葬られるはずだった3機のそれは、今やMS開発専任と化した感のあるイズミ、キラ達のおかげで何とか出撃できるまでに仕上がった  要塞防衛システムと同じ光波シールドを搭載するそのMSの名はハイペリオンと呼ばれた

 そんなわけで、次回はデュエルをキラに託してハイペリオンで出撃です


※1:今回使用されているルールはWARPSというもので、PLが口にした事は抑制力チェックにかけられ、判定失敗すると実行されるという…
※2:原子力施設に押し入ったら歓迎されたパーク皇帝達(Star Wreck)を思い出したのは秘密

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www7072uf.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/134

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2006年03月22日 15:34に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「第8回リアクション到着」です。

次の投稿は「第9回アクション投函」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35